モンスターカレンダー

« 2009年3月 »
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

トルコ

| コメント(4) | トラックバック(0)

トルコ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
第18回目

オバマ大統領のチェンジという言葉がふさわしいくらい、毎日色々な経済・政治・社会のニューズが目に入り、激動の世界に入っていたなって痛感する今日この頃です。みなさんお元気ですか。なにわのこにたんです。今日はトルコの話しですよ。なんで今、トルコなのか。じっくり読んで見てね。

--------------------------------------------------

吉田繁治/ビジネス知識源メルマガ
遥かな国トルコ(1)(2)(3):経済と文化のコンチェルト
http://www.cool-knowledge.com/#chishikigen

松藤民輔/講談社
『超・投資勉強法』
ISBN978-4-215216-7

カッパドキア経済評論等で有名な吉田繁治の
メルマガでなぜかトルコの話が
送られてきました。

何故、今、トルコなのでしょう?

トルコの人はとても親日的。
何故って?

それは、トルコの教科書に書いてあって、
日本の教科書には書かれていないことから
始まります。

トルコの教科書には、オスマン帝国のフリゲート艦(エルトゥール
ル号)が、和歌山県の南端、串本町の沖で難破したことが、書いて、
あります。1890年(明治23年)に台風に遭(あ)って難破し、日本
へのトルコ使節団587人が、暗い海に沈み、死にました。
陸に流れ着いた生存者はわずか69人でした。真夜中に灯台までの断
崖をよじ登った。灯台守からの知らせを受けた大島村(現串本町)の
村民は、救助に当たりました。海が荒れ、何日も漁に出ることができ
ず、食べるのに事欠いていた村民は、乏しい衣類、卵、さつまいも、
そして非常用の蓄えであるニワトリも出して炊き出しをし、遭難した
トルコ人を助けました。
明治の政府はこれを知り、援助して、翌1891年10月5日には、海軍の
船で、イスタンブールに生存者を送りとどけるため、出港しました。
このトルコ使節団の遭難と、村の人たちの献身と犠牲は、トルコで大
きく報じられ、遠い日本を、好きになるきっかけになりました。小学
校の歴史の教科書には、書かれてありトルコ人なら、子供
でも全員、このことを知っています。

かつて日本の村落共同体には「もやい(分け与える:人を助ける)思
想」があった。人は、自己を犠牲にするとき、美しい。そういえば、
愛も、自分より、相手のことを優先して考えることでしょう。
今の日本は、村を封建の思想として、村八分(村の掟に反したものを追放する)は
教えますが、美しい「もやい(連帯の思想)」は教えない。
今の日本には、歴史を封殺している部分がありそうですね。
江戸時代は立派なリサイクル文化だったてことも最近ですよね。

そして、その100年以上も後の、イラン・イラク戦争の時のこと。

1985年、イラン・イラク戦争のとき、イラクのフセイン大統領は、
イラン上空を飛ぶ飛行機の、無差別爆撃を宣言。イランには、
日本人のビジネスマンと家族が残されていました。人々は
日本大使館に集まり、パニックになっていました。

日本政府は、自衛隊の派遣はできず、日本航空も、危険があるとし
て救助のために民間機を使うことに反対があり、日本は、対応
が遅れました。

困ったイラン大使館の野村大使は、トルコのビルレル大使(イラン
駐在)に頼みました。『わかりました。ただちに本国に求め、救援機
を派遣させます。トルコ人は、エルトゥールル号の遭難のとき、貴国
の大島村の人たちから受けた恩義を、知っています。ご恩返しを、さ
せていただきます。』

イラン空港に集まっていた日本人215名は、派遣されたトルコ航空機
に乗って、トルコ経由で、日本に帰国しました。救援は、フセインに
よる、イランの爆撃開始1時間半前でした。トルコ人は、だれでも、今
も、エルトゥールル号遭難のとき受けた恩義を、忘れてはいません。

すごくいい話ですよね。こにたんは感激してしまいました。

歴史的な観点にたつと、結構、トルコと日本て似てますよね。

13世紀に移住してきた遊牧民オスマン族が、イスタンブー
ルを首都に、15世紀には、地中海をまたぐ、かつてのローマ帝国のよ
うに広大なオスマントルコ(1299~1922年)を建国します。
(中略)

オスマン・トルコは、第一次世界大戦(1914~)で、英国・フランス
の連合国に敗れ、占領される。1923年には、国父とされるムスタファ
・ケマル(1881-1938)が立ち、11世紀から8世紀も続いたスルタン制
(神に由来する王政)廃して、イスラム国では初めて、世俗的な憲法
をもつトルコ共和国になる。

日本の第二次世界大戦後の、占領で天皇親政を廃した敗戦に似ていま
す。トルコ人が日本人に抱く親近感は、近世の歴史の類似からも来ている
ようです。

おもしろいでしょ。

ところで、経済のお話。

トルコでは、1970年代から2000年代初頭まで、巨額の財政赤字
(公共事業費と不正)をまかなうため、政府がに)ペーパー・マネーを
大量に刷ったことから、物価が10万倍にもなったハイパーインフレを
起こしています。

日本人の意識からは、遠いトルコですが、政府が、GDP(≒産出さ
れる商品量)に対し、ペーパーマネー(≒国債)を刷り過ぎれば、高
いインフレ率になって通貨価値が下がります。

【今後数年は、スタグフレーション】
世界の同時金融危機の後は、スタグフレーションを含むデフレ(数年
間)でしょう。スタグフレーションは、企業利益が下がり、賃金も下
がって、物価も上がらない数年間です。その間、長期金利は、政府の
利下げにかかわらず上がる。

【その後は、インフレになる】
各国政府は、金融・経済対策のため国債を増発し、買い手が少ないの
で、結局は中央銀行に買わせます。中央銀行はペーパーマネーを刷っ
て政府に与え、それを政府が使う。

それが数年続けば、先進国でもトルコのような通貨価値の下落が認識
され、あとは、物価が上がるインフレとなりそうです。

繁栄の後、古代バベルの塔は崩れ去りました。
現代を見れば、前回の大恐慌時のエンパイアステートビル、
東京都庁や六本木ヒルズ。ドバイの1Kmの高さの塔。
現代版バブルの塔でしょうか?
すべて、繁栄の象徴は、頂点でもろくも崩れ去っています。
人類は何回も同じ事を繰り返すのですね。昔から。

歴史の中の寓話は、現代にも行き続けます。繁栄の途上に
いたときには、ただの寓話と思えたことが、苦境の時には
真実味を帯びてきます。

ドルという紙幣の大洪水に耐え得るのは世界共通通貨(金)であり
現代版のノアの箱舟なのかもしれないと思うこにたんです。

---------------------------------------------------------------------------------------------

窓ここまで読んでいただいた方には、感謝します。
タミスケは、風邪をひいてお休みです。
これから、お花が一杯咲く季節となります。
楽しみですね。
なにわのこにたん


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.konishisk.jp/cgi-bin/mtos425/mt-tb.cgi/30

コメント(4)

 こにたんさん、お久しぶりです。
 トルコの人を助けた和歌山の話は、先日テレビで見て知っていましたが、イラン・イラク戦争の時のことは知りませんでした。私もちょっと感激してしまいました・・・
景気の方は、かなり悪いようですね。
 今、15年ほど乗ったシビックを買い換えようとしているのですが、こんなご時世なのでローンを組まなくてすむよう、中古車にしようと思っているんです。
昨日、あちこちの中古車センターを回っていたら、ニュービートルが5年落ち、走行距離約3万Km、ナビ付きで105万円でした! 国産車より安いので飛びつきそうになったのですが、試乗してみて止めました。なんかすごく運転しにくかったし、修理時の部品代も1.5倍~2倍ぐらいするらしいのです。
 国産車とランニングコストを比べて、大きく違ってくるのはこの点のようでした。それにやはり国産に比べ、色々と壊れやすいようですね。
それで、国産車で税金の安い軽四を探したのですが、軽四って普通車並みのお値段なんですね。6年落ちで7万Kmぐらいでも70万ぐらいするんです。
保険代や税金など総合的にみて普通車に比べて、維持費は年平均約3~4万ぐらい違うようですが、息子達も使うので軽四では狭いということになり、日産のキューブにしようと思っています。
 これはよく出回っている車種なので、欲しかったラパンの中古よりよっぽど納得する価格になっているようです。
ネットでも探してみましたが、日産のセールスさんにお願いして希望のタイプの車を他店で探してもらっていま~す。
3月は決算なので、関西のおばちゃんパワーで交渉して、ちょっとでも安くしてもらおうと思っています。(笑)
ではー。

明石の紀香様

なにわのこにたんも車探しをしています。
まず、外車は車検が国産車の倍もするとの事でやめました。
日産のキューブもいい車ですよね。
最近のコンパクトカーは室内が広いのでびっくりしました。
角型ではないですが、結構スタイリッシュでヨーロピアン。
ホンダのフィットは室内が広くてびっくりしました。
スキーの板でも入るのでは?1300CCでも100馬力。
安いのは、マツダの車。値引きそう。デミオもなかなか良かったですよ。
ビッツは女性に好評とか。
ご参考まで。
なにわのこにたん

トルコのお話は、先に教えていただきましたが、非常に興味深く思えました。
ところで、"もやい"と聞いて、沖縄好きなものですから、沖縄の"もあい"を思い出しました。多分大本の発想は同じなのでしょうが、何人かでお金を出し合って順繰りに使っていくというようものです。頼母子講にもにているようです。
この時期、経済をどう周りと連携させていくのかなんて考える状況なのかもしれません。
うちの車は、僕の気持ちと一緒に2年半前に刷新した、相棒なのでしばらくは付き合ってもらいたいなぁ。
たましまののびちゃんでした。

たましまののびちゃん

沖縄のもあいの話ありがとうございます。
漢字で模合(もあい、むえー)と書くんですね。

日本の金融の一形態である無尽(むじん)のことなのですね。
初めて知りました。無尽蔵という言葉も仏教用語らしいですが
いくらとってもなくならないことをあらわすそうですね。
語源って興味深いです。

日本人は色々な仕組みを昔から作って、お互いに助け合って
いたのですね。その心を忘れないようにしたいとおもいます。

なにわのこにたん

コメントする