モンスターカレンダー

« 2009年4月 »
123456789101112131415161718192021222324252627282930

回復

| コメント(9) | トラックバック(0)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
第19.1回目

ソメイヨシの桜の花も散って、八重桜がきれいになってきました。
お久しぶりです、なにわのこにたんです。
陽気とともに株価も持ちなおしています。景気がよくなったわけでは
なさそうですが・・・。
本日は、経済の回復ではなく、人が精神的に落ち込んだあとからの回復の方法です。

---------------------------------------------------------------------------
祐天寺の櫻畑村洋太郎
回復力
失敗からの復活
ISBV978-4-06-287979-8

昨年9月24日に失敗学の権威である
畑村洋太郎先生を紹介しました。
覚えていらっしゃいますか?
日付までおぼえているわけが
ありませんよね。

先日、本屋さんで成功学とか失敗学の本を
見ていたら、なんと、先生も鬱状態に
なって、回復した体験を書いた本がありました。

大学教授の定年という人生の節目において、
今後どのように家族を養っていくのか
あるいは自分のこれからの過ごし方を
どうすればいいのか悩んでいるうちに
やる気がなくなり、決断力がなくなって
しまったそうですよ。意外ですね。

ところで、鬱というのは、すべての人が
持っている性格だそうです。風邪をひいた
とかお腹をこわしたとかいう状態が、
頭の中でおきることだそうです。

その鬱状態に至るのには、3つのパターンが
あるそうです。

目標喪失
越えられない高い壁
先が見えない

人は弱いということをまず認めることだそうです。
そして失敗に立ち向かえないときは

逃げる
他人のせいにする
おいしいものを食べる
お酒を飲む
眠る
気晴らしをする
愚痴をいう

意外な方法ですよね。
危機脱出法の解説でも
眠るというのがありましたが
他人のせいにして愚痴るというのも
いい方法かもしれません。
赤提灯で、酒をのんで上司の悪口を言って気晴らしをする。
これも回避策だったんですね。
無意味だおもってましたが。

『怖い正論というオバケ』

なにか失敗をすると必ずこの正論を振りかざして
失敗した人を責め立てる人がいますよね。周りに?

もっと注意をしていれば防げたはずだ
管理の問題うんぬん等

このような正論の多くは、決して十分な分析した
結果ではなく、建前論が多いようですよ。
周りの評価には鈍感であるほうがよさそうですね。

そんな時、絶対基準をもつとふらつかないようです。
評価には、 自分の評価と他人の評価があります。(過大評価や過小評価)
絶対基準とは、お天道様に向かって堂々と話せるかどうかだそうです。

赤福餅の事件など、消費者を裏切った行動ではありますが
実際にお腹が痛くなった人はいませんでした。
あまりにも、騒ぎすぎ(マスコミの権力)の
ように感じます。ミートホープのように悪質な
食品偽装とは明らかに違いますよね。 

ところでコンプライアンスという言葉があります。
通常、法令遵守と訳されますね。
でも、コンプライアンスの本当の意味は
社会は法律のルールを守ることはもとより
利害者関係の皆様の期待に誠実にことたえ、
信頼を得ることだそうです。
もっと柔軟力に富んだ言葉だそうです。
日本人の訳や理解は少しずれているようです。


『クライシスコミュニケーション』

宇於崎裕美さん訴えている言葉
失敗が起きた時に、ポジションペーパーを
作成し、マスコミ等に渡す。
失敗の経緯や原因、企業の考え方を記載した書面。

失敗を隠ぺいせずに、相手が知りたいこと、
自分が伝えたいことが書いてある。

パロマや雪印の事件でも、経営者の方が
早くこの本を読んでいたらよかったですね。

---------------------------------------------------------------------
久々にブロッグを書きました。結構
期末になってバタバタと忙しく
書く暇がなかったという言い訳を
しておきますよ。メタポチが
春なので外で遊ぼうとうるさかった
ものですから、なんて・・・。犬も期末かな?
なにわのこにたん

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


桜の開花が西日本に比べて
東日本の東京が早い場合が
あるそうです。
これは、ヒートアイランド現象の
影響だそうですよ。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.konishisk.jp/cgi-bin/mtos425/mt-tb.cgi/31

コメント(9)

 コニタンさん、こんにちは。
 明石の桜も昨日の雨でほとんど散ってしまいました。
東京はとっくに終わっているんですよね~。もう、すっかり春って感じですね。
 春といえば、今年は、花粉症対策として、早めに鼻の中に塗るワセリンみたいなクリームを塗っているのですが、今のところすごくいい感じなんです!
 夜、お風呂上りに綿棒で塗ります。休日とかだと、昼間でも鼻をかんだ後に塗っておきます。(塗ってる姿は、他人には見せられませんが・・・)
アース製薬「花粉をキャッチ鼻にぬってト~ル」っていうのを使っていますが、白色ワセリンでもいいし、メンソレータムのハンドクリームも少しスーっとして気持ちいいですよ。是非お試しアレ~。
 ところで、回復力のお話ですが、友達とかに話を聞いてもらって、なんだか気がすんだことがよくありましたが、知らず知らずのうちに回避策をやっていたんですね。(笑)
では。

どうもナニワのコニタンも回復ですね
皆さんいろいろとお忙しそうで
かくいう私はちょっと気の抜けた状態です
まだまだ結果の展開に向けて頑張らなければいけないのですが
これもうつ対策?
ところでうつが増えるおかしな現象
地球と一緒で人間本来の持つ自浄効果というか、自己回復力が衰えているんでしょうね
だから危機脱出法も行えない状況が増えるのかと
この原因て、やっぱり生真面目さ?
科学的手法や、マニュアル化、論理的
こんなのが要因なのかも
やっぱりおばあちゃんの知恵袋的なあいまいさがいいのかなとつくづく思う今日このごろ
早くリタイアしよーっと

>このような正論の多くは、決して十分な分析した
>結果ではなく、建前論が多いようですよ。
よくよく考えて、正論ではできないと判断してやった人に対しても、安易に正論を言う人をよく見かけます。
ご自身はいいことを言っていると自負があるようですが、
事情を知っている人から見ると、”この人、何にも知らないんだ!” とか、”浅い人だな”、って思われています。(気をつけたいものです)

調査会社の人の話では、「新商品に付いてヒヤリングをすると、70~80%はネガティブ意見になる」、とのこと。
理由は、人は知らないものについては欠点を探す方が容易だから、だそうです。
(顧客にヒヤリングすると、ほとんどがネガティブな意見がだったことをしょうがないことだったのか!、と変に納得しちゃいました)
それからすると、良く状況を知らない人ほど、あらを探して正論をいう
、ってことになるんでしょうね。
それでは。

離婚してない明石の紀香様

いい事を聞きました。
鼻の穴のマスクですね。きっと。
試してみます。

ヨーグルトも効いていますが
まだまだ、鼻や目が・・・。

なにわのこにたん

クマハチさん

世界や周りが変わっても、自分が信念を
以って対処すればいいのかなと思います。

本屋で菜根譚に書いてあったのが
実直、素直、自分の思うとおり生きろ。
結局、いい結論になるように書いて
ありました。(そのうち、この本にも
メスを入れてみましょう)

流されない自分。お天道様にはっきり
こうだと言えることが、重要なのかも
知れませんね。

なにわのこにたん

キムチさん

同感ですね。

業績の安定した会社の社長の談にあるのが
全員が賛成したら、絶対にそのプランは
実行しないといっています。
逆に、全員が反対しても、社長の判断で
実行しちゃうっていうこともあるそうです。

人間は、保守的です。誰か海外で、チェンジて
口癖で言ってますが、総論賛成、各論反対では
ないでしょうか。

人間の考えることは、ほとんど小さい常識の
範囲でしか案をだせないそうです。世の中、無限の
可能性があるといったのは、松下幸之助先生ですよね。
どんな逆境でも、必ず脱出方法がある。この本が言いたいことは
このことではないでしょうか。

なにわのこにたん

> キムチさん
>
> そうなんですよね。わかります。
>
> 業績の安定した会社の社長の談にあるのが
> 全員が賛成したら、絶対にそのプランは
> 実行しないといっています。
> 逆に、全員が反対しても、社長の判断で
> 実行しちゃうっていうこともあるそうです。
>
> 人間は、保守的です。誰か海外で、チェンジて
> 口癖で言ってますが、総論賛成、各論反対では
> ないでしょうか。
>
> 人間の考えることは、ほとんど小さい常識の
> 範囲でしか案をだせないそうです。世の中、無限の
> 可能性があるといったのは、松下幸之助先生ですよね。
> どんな逆境でも、必ず脱出方法がある。この本が言いたいことは
> このことではないでしょうか。
>
> なにわのこにたん
>
>

いつも興味を持って拝見しております。

今回のテーマは特に考えさせられるものでした。
職業はクレーム産業のようなことをしていますが、大抵の人は他人(相手・周囲)のせいにしてきます。が、それはそれで良いことだったのか!?と少々複雑な気持ちです。

なにわのこにたんさん、これからも楽しい話題の提供を期待しています。

> いつも興味を持って拝見しております。
>
> 今回のテーマは特に考えさせられるものでした。
> 職業はクレーム産業のようなことをしていますが、大抵の人は他人(相手・周囲)のせいにしてきます。が、それはそれで良いことだったのか!?と少々複雑な気持ちです。
>
> なにわのこにたんさん、これからも楽しい話題の提供を期待しています。

いつもお立ち寄りありがとうございます。

クレーム産業は大変ですね。
私もクレームをよく入れますが、
自分でできないことをわかってもらうことと
暫定でも対処方法が知りたいことだと思います。
結局、相手が聞いてくれて気を静められることに
つきる-コミュニケーションがベースかなと
推察いたします。お金ではなく、自分が困っている
何とかしてくれるのは、あなたしかないと
いってるのかもしれません。クレームを
いれても、一生懸命対処してくれる会社には
いつも感謝しています。でも、対処しない会社は
倒産する確率が高いという統計データもあるぐらいですよ。

プロの方に言うのもなんですが、
もうすでにご覧になったかもしれませんが、
飲食業でのクレーム担当者の奮闘記が
書いてあるURLをご紹介します。
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/t/
いつも、なるほどなと感心しています。

ご参考まで。

頑張ってくださいね。
この不況下、ますます
重要な職業と思います。

なにわのこにたん

コメントする