モンスターカレンダー

« 2014年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

歴史の最近のブログ記事

終わりの始まり

| コメント(5) | トラックバック(0)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
第14.2回目

リーマンブラザーズが倒産したり、ビッグスリーの経営が危なくなったり、世界の経済や政治の動きに毎日、毎時間目が離せませんよね。目がディスプレーから離れなくなり、ブロッグの作成が遅れてしまいました。お久しぶりです、なにわのこにたんです。今年の漢字は、『変』が選ばれました。まさに、米国の経済環境、オバマ氏の当選等ぴったりな言葉で、清水寺で揮毫されました。今日は、『変化』にちなんで、『終わりの始まり』です。

----------------------------------------------------------------------------

紅葉松藤民輔/PHP研究所
『投機的時代の研究』
ISBN4: 569-61123-0

 

松藤民輔/講談社
『脱金融大恐慌1993-2008』
ISBN978: 4-06-214639-5

松藤民輔/講談社
『アメリカ経済終わりの始まり』
ISBN4: 569-61123-0

松藤民輔/講談社
『世界バブル経済終わりの始まり』
ISBN4: 569-61123-0

松藤民輔/講談社
『無法バブルマネー終わりの始まり』

松藤民輔氏の部屋(ブロッグ)
http://blog.ushinomiya.co.jp/


松藤民輔さんをご存知ですか?ソロモンブラザーズで活躍され
退職前は、年収2億円を稼いだというつわものです。退職後、
ペーパーマネーに関する投資から現物(金)に投資することを
決意し、日本第3位の金鉱山オーナーとなりました。
ジム・ロジャーズ*とも交流がある世界的な投資家です。
著書を読むと、鋭い分析力と決断力、実行力で、予測にぶれの
ない方とおもいます。日本にもすごい人がいますね。

*ヘッジファンドで有名なジョージソロスと一緒にクウォンタムファンドで活躍。
数年前から、米国の株式に見切りをつけてをすべてを売却し、現在香港に在住。

たくさん紹介したいことがありますが、
一回に2-3の話題に止めておきます。
またの機会に継続して紹介する予定です。

ところで、コンドラチェフの波動を知っていますか?

イルミネーション旧ソ連の経済学者コンドラチェフが提唱した
フォーシーズンウエーブ理論の根幹をなすものです。
資本主義は崩壊するから、歴史的に、理論的に
検証せよとスターリンから命をうけたのですが、
資本主義のほうが発展していくことが分かって、
共産主義のほうが崩壊するという結論に至ったため
収容所送りとなり、独り寂しくなくなりました。研究は
物価、利子率、生産量などの動向に見られる
50年から65年周期とする波動です。

下記は、アメリカのコンドラチェフの4つの波です。
(1)1789-1844
(2)1845-1896
(3)1896-1949
(4)1949-?

前回の大恐慌を含む(3)は
春:1896-1907
夏:1908-1920
秋:1921-1929
冬:1930-1949

今回の第4の波動は
春:1949-1966
夏:1966-1980
秋:1981-2007**
冬:2007-?

第二次世界大戦後から始まった大きな経済サイクルの
終焉は何時でしょうか。昨年のサブプライムに端を
発する暴落から終わりである冬が始まりました。

65年周期とすると2014年が底になるかもしれません。
今までの冬の期間の平均値は17年です。短いもので
9年ですから最低でも2014-2016年まではアメリカは冬の
時代となりそうです。

**原著では1999年(2000年出版の本なので)を秋の
終わりと考えてましたが、現状を考えると2006-7年頃が
秋の終わりと考えられます。

え、それだけかって?何か庶民の対処方法は無いのかって?

コンドラチェフの波動より短い経済サイクルは、10年単位だと
言われています。インフレの直後にデフレが訪れます。(今回は
間に原油、商品の暴騰によるスタグフレーションの期間が
あったかもしれませんよね。)

インフレのときは、物の価値が上がる為
貨幣の価値は落ちます。金利がアップします。
株価は景気の先読みをして上がります。
(経済理論では、金利があがると株価が下がりますが、
当てはまりませんよね。現在、株の配当率が金利より
高いですが、株価は安い。インカムゲインとキャピタル
ゲインでは、キャピタルゲインの方の効果で株価は上がる
ようです。現在の株式では、PERや解散価値であるPBRも
投資の尺度になっていません。)

デフレの時は、物の価値が下がるため、貨幣の価値が上がります。
金利は下がります。景気を先読みして株価は下がり続けます。

で、一般的な対応策は?
理解力の早い人には困ったものですね。

インフレの時は、土地・物への投資が主流。借入は固定金利。
(正のバブルまでの理論株価、理論地価を維持してる場合で、
正のバブルが極端になる場合は転換期ですから、土地や物は直ぐに売却,借入は変動金利へ方針転換)

デフレの時は、土地・物への投資をせず、貨幣を保持すること。
(負のバブルまでの理論株価、理論地価を維持してる場合で、
負のバブルが極端になった場合は、転換期ですから土地や物を購入し、借入は固定にする。)

正のバブル真っ最中に参戦してしまうとひどいめにあうことはご存知ですよね?
負のバブルのときにこそ、インフレを頭において行動する。勇気がいりますが。

大恐慌の時は、あまり動かない方がよさそうです。
前回の大恐慌の時も、震源地はアメリカ合衆国でした。
その時、金は固定相場制でしたが、金鉱山の株が
10倍になったそうです。理論的に金鉱山と金の
上がり方は3:1だそうです。
ドルが暴落すると、有事の金関連が上がるそうです。
実需ではなく、世界でどこでも換金できるのは金しかありませんよね。
今年から金ETFという投資信託が東京証券取引時に上場しています。
ロンドンの金取引価格と連動しています。日本では証券を金とは交換できません。

現在、原油は150ドルから五分の一以下に下落
しましたが、金はまだ底がたい動きをしています。

いかにも、山師らしいですよね・・・。

相場が上がるときは、重力に逆らって上がるので、
相当のエネルギーと期間が必要です。下がる時は
簡単。重力に従って、一気に暴落します。どこで
見切って売ってしまうかが、生死の分かれ目と
なります。

とかく日本人は、企業も個人も同じように行動してしまう
傾向が強いため、バブルは理論値以上に強くなり、また、
理論値やテクニカルを重視するプロや外人の餌食になり
やすいようですよ。
『赤信号、皆で渡れば怖くない。』
でも、暴走車が突っ込んだときは、本当は一番危険なの
ですよね。

今回の株価の暴落は、1929年当時と全く同じ株価の動きだ
そうです。ボックスの乱高下が終わると、暫く春まで上げ調子に
なり、また、次の大暴落が待っているとか。恐ろしい予想ですよね。
現時点では、楽観論が広がり、銀行株など、暴騰を予知する
切りあがりの三角形が出現しています。

有名な日本株投資の教育者である林輝太郎先生は、現在、82歳なんですよ。
今回の大暴落後の株価の動きは先生が今まで経験したことのない乱高下を
繰り返しているそうです。平常時には、底で、株価はへばりついて小動きしか
しないとのことなので、結構、まだ底ではないのかもしれませんね。

もっと面白いことが満載ですが、次回にしましょうね。

---------------------------------------------------------------------------------------------

ここまで読んでくれた方には、感謝いたします。
メタポーチは、すでにホワイトプランです?

本件に関して、なにわのこにたんは一切責任は持ちませんので、各自の投資判断でお願いいたします。投資を推奨するものではありませんので、ご注意を。

風邪やインフルエンザがはやっていますので、お体をご自愛ください。

それでは、良いクリスマスをね!!!(なにわのこにたん

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

世田谷観音の前の掲示板で見つけた素敵な言葉

世の中で事をなすには、
判断力
決断力
実行力
を磨くこと。

なんともいえない言葉です。

最近のブログ記事

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.25